愛猫の遺骨はいつまで手元に置いておく?おすすめの供養方法は?

猫相談

きなこが亡くなって約5ヶ月がたちました。今でも急に涙が出るけど、これって普通のことですよね?

相変わらず、遺骨を抱きしめて「おはよ~」とか語りかけています。

でもふっと、

  • いつまでこのままにしておいていいのかな?
  • もしかして成仏できない?
  • 骨にカビがはえたりしない?

って気になったんですよ。同じように思っている方、いらっしゃいませんか?

みなさんが、猫の死を受け入れて前向きに生きていくために、今回は、「猫の遺骨や骨壷の正しい処分方法」について、プロの意見も交えてご紹介しますね。

まだ当分手元に置いておくという方も、将来の参考にしていただければ幸いです。

遺骨は納骨しないと成仏できない?

結論から言うと、納骨しないからといって成仏できないということはありません。なぜなら、そもそも「成仏」という概念がはっきりしないからです。

しかし、成仏の意味が「飼主と猫がしっかりお別れをする」ことらえるなら、49日、百か日、1周忌などタイミングを見計らって納骨をするというもの、良いのかもしれません。

遺骨の正しい供養の仕方は?

手元供養

実は3割の方が、すぐに処分せず「手元供養」されてるそうです。骨の保管状態さえよければ、究極、一生手元に置いておいても、とがめれるものではありません。

ただし、遺骨は乾燥しているため湿気に弱く、カビが発生する可能性があるので、注意が必要です。

  • 湿度の高いところに置かない
  • 陶器と蓋の間をテープで貼り隙間を埋めておく
  • シリカゲルをいれておく

万が一カビが生えてしまったら、天日干しか再火葬という手もありますが、それを考えると、やはり良いタイミングで納骨してあげたほうが、良さそうですね。

ペットの共同墓地へ埋葬する

今は、全国各地にペット霊園があります。景色の良い小高い丘にあったり、周りも木々に囲まれて、のんびりお散歩したりお昼寝したりできるでしょう。

埋葬する場所によって、10000~50000円と費用に幅があるようです。

散骨する

おすすめなのが、骨を粉状にして散骨する方法です。

散骨する場所は、自宅の庭であったり花のプランター、お散歩コースだった木々の下、思い出の場所に、砕いた遺骨を蒔いてあげるのです。

粉状にすると、量が1/3程に減るので扱いやすくなります。

自宅でも「乳鉢」でつぶして簡単にパウダー状になるようですが、骨壷を開けて取り出して..というのが抵抗があれば、専門業者に頼むのも一つの方法です。

散骨の季節は、木々が芽吹き何となく気持ちも晴れる、3~4月が良いでしょう。

最近は、ペット火葬社のサービスとして、海に散骨するというサービスもあるようですよ。

土葬する

一般的なのが、自宅の庭などに骨を埋めることです。土に帰るまで5~10年かかると言われていますが、一番自然な方法でしょう。

埋め方が浅いと、野生動物などに掘り起こされてしまう可能性もあるので、できれば粉末にして埋めるのが良いそうです。

また骨を少しだけ残して、ペンダントにいれて自分の身近に置いておくというのもいいアイデアですよね。

自分のお墓に入れる

最近、ペットと一緒にお墓に入りたいという方が増えているそうです。

法律的な問題はありませんが、基本的に公的な霊園では認めていないので、民営の霊園を検討しましょう。

ただし、先祖代々のお墓だと、お墓に入るのは自分だけではありませんから、親戚などから反対されるかもしれませんね。

強い希望があれば、前向きな「終活」として家族に伝え、霊園を探しておくのがよいでしょう。

猫の骨壷の正しい処分方法

さて、空っぽになった骨壷も、きっと処分に困りますよね。

自治体のルールに従って処分しても何ら問題はありませんが、ちょっと気が引けるという方は、お焚き上げするとか、ペットの遺品業者に依頼する方法もあります。

でも、今まで毎日、目にしてきた骨壷が、急に無くなってしまうのは淋しいですよね。

おすすめの方法は、手のひらサイズの骨壷を購入してさりげなく置き、リビングの小物として飾っておく方法です。

骨壷カバーや敷きものなどは手作りしたり、お花を飾って「思い出ブース」を作るのもいいですね。

最後に/まとめ

今回は、愛猫の遺骨はいつまで手元に置いておく?おすすめの供養方法は?

についてご紹介しました。

遺骨を処分しないと成仏できない?
・納骨しないからといって成仏できないということはありません。
遺骨の正しい供養の仕方は?

・手元供養
・ペットの共同墓地へ埋葬する
・散骨する
・遺骨を土葬する
・自分のお墓に入れる
骨壷の正しい処分方法

・ペット遺品業者に依頼する
・お焚き上げする
・自治体のルールに従って処理する

などをご紹介しました。

そもそも、死んだあの子はどうしてほしいと思ってるのでしょうか?

ずっとここに置いといて~って言うんでしょうか?

遺影に向かって聞いてみました。

おかん
おかん

ねえねえ、きなこさん。どうしたらいいと思う?

きなこ
きなこ

おかんの好きにすればいいよ。きなこはぜんぜん困ってないし~。どっちでも良いけど~、やっぱうちの庭が見えるところがいいかにゃ~

そうだよね。

あ~だめだ。もうしばらくこのままにしよう。

でも、来年、きなこが死んだ時に満開だった「ひまわり」が咲いたら、その下に埋めてあげようかな。

それができた時が本当のお別れなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました